スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月14日のこと

শুভ বাংলা নববরষ
しゅぼ バングラ のぼぼっしょ!!
A HAPPY NEW YEAR!!

バングラ暦では、この日が新年。
みんなに、『しゅぼ のぼぼっしょ』っていうと、
笑顔で、『しゅぼ のぼぼっしょ』って返ってくる。

そんなバングラ暦、たしか1419年だったような。
うろ覚え。
日本でも、東京は池袋とか、九州の福岡とかで、
新年を祝うお祭りがあったとか。

日本に帰っても、つながっていたいなぁって思う国です。

さてさて、この日は、Dhakaから、任地Cox's Bazarへと戻ってきました。

帰宅すると、隣のヒンドゥー教徒のディディ(お姉さん)から
ダワット(食事に誘ってくれました)!!
美味しい御飯^▽^
しかし、体調万全でないことが悔やまれるくらい、食べさせてくれる。
ありがたい…でも、きつい!!
鶏肉、魚のトルカリを大盛りごはんで、ね。

その後、昼寝して、
夕方になり、まえから行くと約束していたチャクマ(バルマ系少数民族)の友だちの家へ。
シェマイ(おやつ)
ニラミッシュ(野菜のカレー煮込み)
スイカ
牛のトルカリ
などなどをナスタ(軽食)として頂く。
これが、新年のおもてなし。

去年、親戚の家含め、6件くらいはしごして、
たらふく「食べて、食べて」と言われるままにたべ、
お腹が満腹すぎて、気持ち悪く、かつ痛くなった経験がある。
前傾姿勢で家まで帰った。

今年は、体調が万全ではないというのもあり、
やや慎重に食べる。
案の上、いろんなところ(3軒くらい)を訪ねる。
去年も来た家なので、顔見知り。
喜んでくれて、こっちもうれしいが、
いやぁ、それでも、もう無理っす!!っていうくらい、
出してくれる、が、食べれない…申し訳ない。


バングラ新年を一緒に過ごし、祝う。
ここの国の文化って面白いなぁって思う。

でも、イスラム教の国なのに、
イスラム教の新年の祝い方知らないなぁ…
去年も今年も、少数民族のお正月を経験。
まぁ、楽しかったから、ね。
いろんな過ごし方、ありますよね。
スポンサーサイト

お久しぶりに

いつぶりだろう。
おひさしぶりの日記です。

さてさて、
いまさらですが、11月にコロバニ・イード(犠牲祭)がありました。
イスラム教の行事です。
そのときに、牛などがジョバイされます(殺されちゃいます)。
みんなで感謝して、それを分けあいます。

私は、10/28~11/7までインドに旅していたので、
実際その日は、ジョバイの様子をみていません。

昨年、みました…
⇒前日にJOCVhouseの前に、ジョバイ用の牛さんが繋がれていて、ちょこちょこ触っていた。
そのかわいい瞳をみていると、なんだか切なくなった。
当日、道には、何頭もの牛が次々と首をかっ切られていきました。
その子も、次は自分の番だと悟ったのでしょう。
…なんだか切なかった、でも、生き物を頂くってのは、こういうこと。
命あるものを食べている私たち、粗末にしてはいけないんだよな。

ちなみに、インドから帰ってきた7日、JOCVhouseに到着したら…
何人かの隊員がいて、丁度、ジョバイした牛さんのお肉をもらったとのこと!!
その日は、焼き肉でした!!
美味しかった~!!
いやぁ、牛さん、ジョバイされた方、牛さんをくれた方、もらってくれた隊員、料理してくれた隊員、みんな感謝感謝です。

そして、翌日、自分の任地に帰って、
いつものお店やさんに野菜を買いにいくと、
おじさんがお肉をくれた。
それはコロバニでジョバイしたお肉、
かなりの量を頂いた!!

『1人でバングラにきて、家族もいないでしょ。だから、自分が君のバイ(お兄さん)だよ』

さらりと優しい言葉をかけてくれる。

インドからバングラに帰ってきたときも、
友だちと2人で、やっぱりバングラが落ち着くね、って言ってた。

バングラに来て、
ここの人達と触れ合って、
『ありがとう』って言いたくなるくらいの素敵なことがたくさんあった。

私は、しあわせだなぁ、って思った。

良い人ばかりじゃないけれど、
素敵な人がいっぱいいます。

ピュアで、優しくて、まっすぐで、
そして、単純!!(笑)

そんなバングラが私は好きです。

いーど・むばろっく

断食が8月2日から始まって、30日に終わりを迎えました。
そして、31日からそれを祝って、イード(イスラムの祝日)に入りました。

イード・ムバロック(“イード祭おめでとう”みたいな感じ)
⇒イスラム教徒の祭りの際の挨拶

先日、9月1日
職場の人のお家にダワット(食事のご招待)を受けました♪
(…といってもバスやCNGで2時間半かかる場所でした)
前々からおいでおいでと言ってくれ、
とってもよくしてくれるので、
お言葉に甘えて、同じ任地の子と一緒にお邪魔しました♪

10時すぎに到着。
ナスタ(軽食)と言われ、出されたものは、
小皿にそれぞれ…
・ヌードル
・シェマイ(ココナッツミルクの汁ありお菓子)
・なんあった気がする
・カスタードプディング
・ザボンの漬物的なの
たしか5皿…あれ4皿だったかな?
このナスタでお腹が膨れてしまいました。

いやぁ、ベンガル人の人たちのwelcomeさを最近、
ほんとすごいなぁと思い、見習いたい、と思いました。

誰にでも、おいでおいでって気軽に言ってくれる
彼らの懐の広い感じが、なんだかとっても、
温かいなぁって感じます。

お客さんとして招かれた私たち、
なんだかお正月のような感じで、
その人は本家みたいな感じの家だったようで、
親戚一同が集まっていたので、
子どももわんさかおりました。
なわけで、子どもたちと戯れ、ベッドで横になり、
ちょっと昼寝。

12時か1時くらいに、お昼ごはん。
鶏肉、牛肉、魚、卵、などのトルカリ、葉っぱ炒め、
美味しかった^▽^ノ
でも、ナスタでお腹いっぱいだったのもあり、大変だった。
隣では、
『がんばーれ!!』と言いながら、
自分を励ましつつ、食べている日本人がいました(笑)
それほど、かなり盛られ続けてました。
いやぁ、「もういいです~!!」と言っても、ごはん盛られると、
大変だ。

最後に、メヘディ(へナで描く、オシャレの一部)をかいてもらって、
ばいばいした♪

わいわいした、面白い時間だった☆
ほんと出会いに、感謝感謝♪

断食の月の過ごし方

8月は断食が始まって、
どこもかしこもホテル(レストラン)が閉まってしまいました。

美味しいホテルも、
しばらくは、我慢!!

イスラム教徒の人たちは、日が昇っているあいだ(約14時間)は、
何も食べません!!水も飲みません。
7歳くらいから断食をするらしいです。
ただ、妊婦さんや、病人は例外ね。
あと、リキシャワラとかの肉体労働者も例外みたい。

断食中は、1日2回の食事です。
夜中の3時くらいに起きて、4時前にごはんを食べて、
ナマーズ(お祈り)
①AM4:00
②PM1:00
③PM4:45
④PM6:30
⑤PM7:45
大体の時間ですが、1日に5回お祈りをします。
最後の⑤8:00~のが大きいお祈り時間みたいです。

さてさて、本日、日の入り後のイフタールというお食事を招待されました。
マンゴージュース(マンゴー&砂糖&水のmix)
ジェラピー(∞の形の甘い揚げ物のお菓子)
エビのすり身の揚げ物
フライドチキン
グアバのすりおろし
ペアジュ(たまねぎ)の揚げ物
など…
どれも美味しかった~☆
ほどほどにお腹いっぱいになりました♪

この断食が明けるのは、月の満ち欠けによるのでまだはっきりと何日までとはわかりません。
30日になるかもしれないし、
31日になるかもしれない。
月を見て判断するっていうところが、
なんだか、昔ながらって感じがします。
自然に沿ってる感じ。

断食明けには、イードというゴールデンウィーク的なお休みがあります。
また食べにおいで、とありがたいことにご招待を受けました。
なので、またお邪魔してきます♪
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ゆりうめ

Author:ゆりうめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。